【くるる即興劇団】3/6 第4回公演終了!

3月6日、くるる即興劇団 第4回公演、無事終了しました!

まだまだ寒さの続くなか、約40名のお客さんに来ていただきました。

こちらは公演前のウォーミングアップの様子。

 

今回の新たな試みとして、

・お客さんからアイデアをもらうこと

・インプロゲームだけでなくフリーシーンをやること

にチャレンジしました。

 

お客さんには、開演前に小さなカードをお渡しし、

そこにこの後の即興劇で見たい「場所」「関係」「職業」「セリフ」を書いていただき、

そのカードをくじ引きにして行っていきました。

 

 

フリーシーンでは、お客さんからいただいたアイデアをもとに、その場でゼロから物語をつくっていきます。

こちらは「お腹空いた」というセリフからうまれた物語。

父子家庭の娘にお父さんがかるめ焼きをつくってあげるシーン。

「かるめ焼き」というアイデアに、懐かしさを感じた劇団員、お客さんたちも多数。

 

 

こちらは「バカヤロー」というセリフから生まれた物語。

妻に「バカヤロー」と言いたくても言えない夫のお話。

妻役は、セリフの最後に必ず「グズ」「おっちょこちょい」をつけてください、と指示。

これはキース・ジョンストンの本にも出てくる「侮辱ゲーム」です。

普段は絶対侮辱言葉をつかないであろう妻役のOさんがためらわず「グズ」と言い始めたところが個人的にかなりおもしろかったです。

 

こちらは「武士と姫」のシーン。

役も事前に決めず、「最初に話したり動いたりし始めた人が自分の役を決められる」形式でスタート。

最近「大きい声」がテーマになっていたこともあり、最初に話しはじめたチキバンは「姫」を演じているつもりが、声が大きすぎて相手には「武士」だと思われてしまう、という勘違い。

こういう勘違い、とても好きです。

 

また、福田寛之さんにご協力いただき、今回も仮面をつかったシーンもつくりました。

追試中にカンニングしようとする中学生のシーン。

仮面をつけると、なぜか小さな動きにも意味があるように感じられてとてもおもしろかったです。

 

 

今回の公演、演出としての反省、色々あるのですが、

今回はどちらかというと言葉を多用するものが多かったので、次回以降は「身体」に再び焦点を当てること、

2人で演じるものが多かったので、人数のバリエーションを増やすこと、

出番がわずかだった人もいたので、次回以降公演時間を長くする(60分を、90分に変更予定)、

お客さんがアイデアを出していただきやすいように工夫すること、

などでしょうか。

 

次回公演は8月を予定しております。

さらにパワーアップしたパフォーマンスをお見せすべく、

4月からも稽古を続けていきます。

 

仮面シーンのディレクションをしてくれた福田寛之さん、撮影してくれた江戸川カエルさん、公演補助してくれた吉田梨乃さん、ありがとうございました!

〔photo by 江戸川カエル〕

 

<公演内容>

・大喜利(こんな旦那は嫌だ/こんなスーパーマーケットは二度と行きたくない)

・フリーシーン(「お腹空いた」、刑事と犯人、妻に「バカヤロー」と言えない夫、武士と姫、仮面(追試でカンニング、お見合い)、「結婚しよう」、「天(そら)に行きたい」(医者と患者))、「ありがとう」(嫁と姑))

【くるる即興劇団】稽古(36)2/20

すみません、稽古場日記の更新が遅れてしまいました。

 

第4回公演前最後の稽古では、

引き続き、フリーシーンに挑戦です。

「場所」「職業」「関係」「セリフ」を手がかりに、

即興でお芝居をつくっていきます。


出される「お題」もどんどんバリエーション豊かになってきました。

また、どうやって物語に「変化」を起こしていくか、ということもだんだん慣れてきました。

個人的には、皆が率先して「悪役」をやってくれるところがとてもおもしろくて好きです。

ついに明日は第4回公演

皆様のお越しをお待ちしております!!

 

<稽古内容>

・体操、発声

・拍手まわし

・フリーシーン

【くるる即興劇団】稽古(35)2/6

今回の稽古では、引き続きフリーシーンに挑戦。

前回の稽古では「場所」「職業」「関係」をキーワードに、ブレインストーミングをし、

出されたアイデアを使いながら、即興劇をつくっていきました。

今回はさらに発展させて、一言の「セリフ」から即興劇をつくる練習です。

セリフも、ドラマを生み出しそうなもの、変化を引き起こしそうなものを考えていきます。

皆で話しながらアイデアを出していくことはここ最近続けているのですが、

良いウオーミングアップにもなっているようです。

 

こちらは爆笑を誘ったスナックのシーン。

「スナックのママ」という今まであまり出されることのなかった魅力的な「職業」に挑戦です。

スナックの常連さんがママに飲み物を聞かれ、「サイダー」と答える。

お客さんには、お酒飲めないのにスナックに通ってくるってことはどんだけママのことが好きなんだ、と

2人の関係を想像させます。

実際、常連さんを演じたトシちゃんは、日常でもお酒1滴も飲めないそうです。

トシちゃんにとって当たり前だった「サイダー」というアイデアを、おもしろいことを言ってやろうという考えもなくポンと言うことで、会場はあたたかな笑いに包まれました。

こちらは、「バカヤロウ」というセリフから始めたシーン。

決まっているのはこのセリフだけで、自分のキャラクターや相手との関係、何に対して「バカヤロウ」と言っているのか、ということも全て劇の中で決めていきます。

結果、2人のお母さんたちが自分たちの子供の喧嘩で言い合いをしていたのですが、

子供たち自身は自分たちの喧嘩をかなり冷静に見ている、というおもしろい物語が生まれました。

「バカヤロウ」などという乱暴な言葉から始めてみるというのは、

前回の「敬語禁止」とも重なるところがあり、さらに1歩進めた気がしています。

 

第4回公演まであと1か月となりました。

引き続き、色んな関係性を舞台上で即興でお見せできるよう、

稽古を続けていきたいと思っております。

【くるる即興劇団】稽古(34)1/30

秋以降、インプロの創始者の1人であるキース・ジョンストンの著書『インプロ』(日本語版)を1章ずつ読み進めるという読書会を稽古終了後に劇団員の有志で行っています。

前回の読書会の中で出てきた課題、「敬語」問題。

舞台に上がって即興で何か喋るとなったとき、

多くの人が無意識のうちに「敬語」で会話してしまうのです。

それは「夫婦」や「友達」など、比較的関係の近い間柄の役であったとしてもそうなってしまいます。

 

もちろん、

「おかえりなさい、お父さん。今日は夕食にお鍋をつくりましたよ」

などと家族や親しい友人であっても丁寧な敬語をつかって日常を生きておられる方もたくさんいるのですが、

なぜか皆そのような感じの役になってしまいます。

劇団員同士の関係がそこまで濃くないと、

たとえ「お芝居上」であったとしても、相手に対して親しげな言葉やくだけた言葉、乱暴な言葉を出すことは難しくなります。

 

また、劇団員同士普段から仲が良くよく喋る間柄であったとしても、

舞台に立つとなぜか「敬語」で丁寧な言葉を使ってしまいます。

 

敬語というのはある意味で「安全」な言葉だからなのではと思います。

初対面の人やあまり親しくない人に「とりあえず敬語」で喋るように、

日常生活では、安全・安定的な関係を維持するために敬語は使われます。

 

舞台では、もちろんそれで成立する面もありますが、

関係が深まったり変化していかない、という面もあります。

また演じている役者同士の関係が少しよそよそしく見えてしまったりもします。

 

今回は、「敬語禁止!」に挑戦しました。

まずは皆がよく知っている「さしすせそ禁止ゲーム」(セリフの中に「さ」「し」「す」「せ」「そ」が入ったらアウト)というゲームからはじめ、

どんどん禁止事項を増やしていきます。

(敬語には「さしすせそ」が含まれることが多いので、敬語は自然に減っていきます)

 

禁止事項が増えてくると、皆「抜け道」を探し始めます。

「敬語禁止」になると増えたのが、

「こんにちは」や「今日はいいお天気ね」。

これも「差し障りのない会話」「相手との関係を深めすぎない会話」のときによく見られる言葉です。

こうしたものを禁止していくと、

「お元気?」「コーヒー飲む?」が増えていきました。

 

これはとてもおもしろい現象です。

たとえば、夫婦や友達同士が突然「離婚」の話や「お金の貸し借り」の話をしはじめるのは舞台上では意識しないとなかなか難しいものです。

上は「海岸」のシーンで、お客さんの願いを汲み取り「恋人同士」を演じたお2人。とても勇気のある選択。

 

「敬語を使わない/使えない」ことでできるようになる新たな関係(配役)や話題があります。

「禁止」することは範囲が狭くなることではなく、範囲を広げ何か新たなものを生み出すということを実感した稽古でした。

今回のベストショットその①。撮影してくれた江戸川カエルさん、ありがとうございました!

 

<稽古内容>

・体操・発声

・ストン

・アイデア出し(場所、職業、関係)

・さしすせそ禁止ゲーム

・敬語禁止でシーン

 

*次回、第4回公演のお知らせはこちら*

[photo by 江戸川カエル]

【くるる即興劇団】第4回公演のお知らせ

くるる即興劇団は、3月6日(月)

第4回公演を開催することとなりました。

今回のテーマは、

「そのままの状態で舞台に立つ」。

 

これまでの公演では、インプロのゲームに色々挑戦してきました。

今回は、シンプルに、

「なにもないところから小さな演劇をつくる」

ことに挑戦できればと考えております。

 

平日の午前中という時間帯ではございますが、

多くの皆様にお越しいただけますことを楽しみにしております。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「くるる即興劇団 第4回公演」

日時

2017年3月6日(月)10:30開演

(※開場は10:10。上演時間は1時間を予定しております。)

会場

柏地域医療連携センター1階 研修室

(千葉県柏市豊四季台1-1-118)

*柏駅から会場までの行き方

※「柏地域医療連携センター」宛のお問い合わせはご遠慮ください。

※公演当日は、公共交通機関をご利用ください。

料金

無料

お席のご予約・お問い合わせ

ご予約は、「お名前」と「人数」をご記入の上

くるる即興劇団事務局「kururu.senior.impro@gmail.com」 宛にメールをお送りください。

主催

東京大学高齢社会総合研究機構

共催

柏市、柏市社会福祉協議会

[Designed by 江戸川カエル]

【くるる即興劇団】稽古(33)1/17

あけましておめでとうございます。

2017年の稽古もはじまりました。

新年1発目の稽古は、お笑い芸人の野村真之介さんを招き、

「新春!インプロ大喜利大会」を開催。

新春らしいとてもすてきなものとなりました。

 

野村くんが言っていた大切なこと、

「思いついてなくても手を挙げる」。

これは本当に大切で、しかしとても難しいことです。

出演メンバー同士が、

誰がいちばんおもしろくて立派な答えをたくさんいえたかということで本当に競い合うのではなく、

メンバー同士がいいリズムを生み出しながら、ときに誰かの答えにのっかりながら、

皆で雰囲気をつくっていく必要があります。

 

また、お笑いにとって大切な要素の1つ、「つっこみ」。

今回の場合は、座布団ではなく、おかしな答えをいったら「風船で叩かれる」というもの。

 

もちろん風船で叩かれること自体は全く痛みを伴わないのですが、

誰かを叩くこと、叩かれたことで笑いを生むこと、というのは

本当に仲のいいメンバーでないとすることはできません。

 

皆、楽しそう。笑

始める前、叩くことに抵抗がありすぎたらどうしようと不安もありましたが、

そんなことはありませんでした。

 

劇団員によるインプロ大喜利は、3月6日の「第4回公演」でもお見せできればと考えております。

教えてくれた野村くん、ありがとうございました!

 

また、今回は江戸川カエルさんが写真を撮りに来てくれました。

朝早くからありがとうございました!

 

もうすぐ「第4回公演」のフライヤーも完成します!

とても楽しみです!

〔Photo by 江戸川カエル〕

 

<稽古内容>

・体操、発声

・ミラー

・violence(叩く)

・新春!インプロ大喜利大会

・カテゴリー

・こんな○○は嫌だ

2/18ワークショップカンファレンス2017

4月に三重にもどってきて、

「ワークショップ研究会」(通称わー研)の仲間に入れていただきました。

 

そのわー研の設立いっぱつめのイベント、

「ワークショップカンファレンス2017」が2月18日(土)に行われます。

 

参加者募集もはじまっていまして、

わー研のホームページから申込可能です。

 

対話型鑑賞のワークショップや、

さまざまな領域におけるワークショップの事例報告など

内容も盛りだくさんです。

(お昼のランチもとても楽しみです。♪)

 

すてきなロゴやチラシもつくっていただきました。

2月18日はぜひ三重に!

 

2017年にやること

あけましておめでとうございます。

 

2016年は28年間の人生のなかでワースト3に入るほどたいへんなことが立て続けに起こりました。

車を電柱にぶつけたり、18歳の黒犬ころちゃんが亡くなってしまったり、

急性虫垂炎になったり、貴重品全て入った財布を置き引きされてしまったり。

多くの方々に多大なご迷惑をおかけしてしまいました。

 

4月から10年ぶりに三重に戻ってきて、

社会人として三重で暮らすのは初めてでいろいろ慣れないこともありました。

 

しかしいいこともたくさんありましたし、新しくはじめたこともたくさんあります。

 

さて2017年は、つぎの4つのことをします。

 

①博論を提出します。

三重での生活のペースをつかむのに半年ほどかかりました。

言い訳せずに時間をとって今年度中に形にします。

くるる即興劇団の活動もさらに進化させつつ続けていきたいです。

 

②博論以外のテーマで論文を通す。

教職大学院での授業もはじまります。

教師教育、教育方法、カリキュラム関連で査読通るようにがんばります。

三重県でインプロ実践もしたいです。

 

③極端に苦手なことかつ嫌いなことはやらないという選択肢をもちます。

あと1週間で29歳になります。20代最後の年です。

最近自分の人生の有限さを実感することが多くなりました。

いままではどんなに苦手でも嫌でもとりあえずやってみる、ということをしていたのですが、

今年は「極端に」苦手なことかつ嫌いなことは手放してみる、ということに取り組みたいと思います。

 

④代謝を上げます。

非常に重い肩こりをもっています。また冬場は寒すぎていろいろ大変です。(三重県風強い)

昨日の仕事はじめから、研究室の椅子をバランスボールに変更しました。

 

今年もどうぞよろしくおねがいいたします。

秩父高齢者インプロ講座終了!

9月から6回にわたり埼玉県秩父市の荒川公民館でやらせていただいた、

高齢者インプロ講座が先日無事終了しました!

文科省国立教育政策研究所の社会教育実践研究センターさんのプロジェクトの1つとして呼んでいただきました。

柏市でやっている「くるる即興劇団」とはまちの雰囲気も、参加者の方のこれまで生きてきた人生も結構違います。

また、4回目、5回目には、同地区でヒップホップを学ぶ子供たちも加わり、

多世代インプロ。

こちらも私にとっては初めての企画でした。

 

最初はインプロのゲームをたくさんやりながら進めていたのですが、

後半「もっと劇っぽいことをやってみたい」というお声をいただき、

最終日は、講座内で「公演」も開催。

あんなに盛り上がった「さしすせそ禁止ゲーム」を初めて見ました。(笑)

 

また、この講座には、アシスタントとして江戸川カエルさんと野村真之介さんも来てくれて

大変お世話になりました。

 

講座は終わってしまいましたが、

また何らかの形で秩父の皆さんとインプロできるととても嬉しいです。