【くるる即興劇団】稽古(42)6/30

本日の稽古は、福田寛之さんにお越しいただき、仮面をつかって。

仮面の稽古も今回で4回目となりました。

 

まずは、ウォーミングアップ。

目の前の人の動きをこっそりマネする。

小さな動きにも目を配ります。

 

そして、架空のボールまわし。

これも相手を見ないとできないゲーム。

 

そして、仮面。

こちらは雨乞いする祈祷師と、農民たちのシーン。

前回までの稽古でやった「動物」の動きも活用。

仮面をかぶって「ゾウ」の動きをすると、祈祷師に見えたところから。(笑)

 

こちらは悪い男を取り合う女たち。

シンプルな設定がとても映える、フルマスクのシーンです。

 

皆、仮面をつけることにも慣れてきて、色々なことができるようになりました。

今回新たなチャレンジだったのは、

仮面をつけていない人が、仮面をつけた役者を袖で見て、

そこにストーリーをつけたり、

自らもそこに入って演じることができたこと。

ストーリーテリングや、ディレクティングも、少しずつできるようになってきました。

 

7月31日の第5回公演でも、仮面をつかった即興劇をお見せできればと考えております。

 

教えてくださった福田さんありがとうございました!

 

<稽古内容>

・目の前の人の動きをこっそりマネする

・見えないボールまわし

・フルマスクのシーン(デパートの待合室で同級生との再会、祈祷師と農民、喫茶店で何度もコーヒーをこぼす客、悪い男を取り合う女たち、妊娠の疑いのある18歳女子高生3人、駅のホームで途方に暮れる旅人と地元の人、離婚裁判)

7/3「くるる即興劇団」パフォーマンスエスノグラフィー上演のお知らせ@東京学芸大

7月3日、

担当させていただいております東京学芸大学の授業「演劇教育実践演習B」の成果報告会として、
高齢者インプロ劇団「くるる即興劇団」のパフォーマンスエスノグラフィーを上演することとなりました。

本授業では半期をかけて質的研究について学び、
実際に高齢者インプロ劇団「くるる即興劇団」をフィールドに様々な調査をおこなってきました。
そしてその成果を「パフォーマンス」というかたちで公表いたします。

現在授業内で創作をすすめているのですが、
かなりおもしろく仕上がっていると思います。

平日の午前中という時間帯ではございますがぜひお越しください。

 

演劇教育実践演習B 成果報告会
パフォーマンスエスノグラフィー「くるるくるくる探訪記」

日時:2017年7月3日(月) 11:00~12:00
(5分前開場、上演は20分程度、その後全体ふりかえり会がございます)

会場:東京学芸大学 芸術館2階 展示室2

出演:「演劇教育実践演習B」受講生一同

【くるる即興劇団】稽古(41)6/6

 

本日の稽古にも、東京学芸大学から4名の学生さんが参加してくれました。

 

本日のテーマは、「ファストフード・スタニスラフスキー」。

これは1年ほど前からずっとやりたかったのですが、

どうやってやろうかなと悩み続けた結果、今、というタイミングに。

 

ちょうど次回公演のテーマが「身体」「表情」「感情」ということもあり、

学生さんの力も借りながら、おもいきってやってみることにしました。

 

まずはウォーミングアップ。

4月から、劇団員がウォーミングアップの「体操」や「発声」をファシリテーションする、

という試みを続けています。

 

今回劇団員から出てきたのは、「パタカラ」という発音法。

「パパパパパ・・・・」「タタタタタ・・・」・・・と超高速でこの4文字を発音していくとのことです。

この方法を演劇的に発展させた様子がこちら。

「パ族」(左の集団)が「タ族」(右の集団)と出会うシーン。

みんなで「パパパパパパ・・・!!!」、「タタタタタタ・・・!!!」と、

1文字しか喋れない状態で演じます。

カオス。(笑)

 

そして、本題の「ファストフード・スタニスラフスキー」。

キース・ジョンストンの著作に収録されているカードを直接使うのではなく、

少し「くるる」流に皆でアレンジ。

 

そのキャラクターの「目標」にあいそうな具体的な行動を、皆で考えていきます。

 

そして、上演。

こちらは「合コン」のシーン。

 

こちらは「生みの親と育ての親」のシーン。

 

いつもと少し違った「キャラクター」を体験できた稽古でした。

 

 

<稽古内容>

・体操、発声(パ・タ・カ・ラ族の出会い)

・ファストフード・スタニスラフスキー(アイデア出し→上演)

【くるる即興劇団】稽古(40)5/30

本日の稽古には、東京学芸大学で演劇を学ぶ3名の学生さんが来てくれました。

この日のテーマは「動物」。

動物の動きやしぐさを生かして、即興でキャラクターをつくっていきます。

 

まずはウォーミングアップとして、

グループで動物の名前を思いつくままにたくさん挙げていきます。

そして、別のグループで出された動物たちのリストから何か1つ選び、

動きだけで同じグループのメンバーにその動物が何か当ててもらう、という活動。

プロフェッショナルな写真家・カエルちゃんでもぶれるほどの躍動感。(笑)

そして後半は、舞台で。

最初は、先ほどの動物当てゲームをグループで。当てるのはお客さんです。

こちらは牛。

学生さんもからだを張ってくれました。(笑)

 

次に、ふつうのシーンに、少しだけ動物の要素を加えていきます。

からだの動かし方を少し変えるだけで、違ったキャラクターを表現することができるのが

とてもおもしろいです。

 

 

第5回公演まで、残す稽古もあと3回となりました。

「身体」「表情」「感情」

これらが今回のキーワードです。

引き続き探っていきます!

 

〔photo: 江戸川カエル〕

 

<稽古内容>

・学生さんへの質問コーナー

・体操・発声

・動物の名前リストアップ

・動物のジェスチャー当て(グループ内、舞台で)

・動物っぽいキャラクターでシーン

【くるる即興劇団】第5回公演(7.31)のお知らせ

7月31日、

高齢者インプロ劇団「くるる即興劇団」は、

第5回公演を開催します。

今回のテーマは、「身体」「表情」「感情」。

日常の何気ない物語、そして非日常の物語。
さまざまな角度からからだを手がかりに即興表現を生み出します。

平日の午前中という時間帯ではございますが、
多くの皆様にお越しいただけますことを楽しみにしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「くるる即興劇団 第5回公演」

日時:2017年7月31日(月)10:30開演
(※開場は10:10。上演時間は80分を予定しております。)

会場:柏地域医療連携センター1階 研修室
(千葉県柏市豊四季台1-1-118)

料金:無料

お席のご予約:「お名前」と「人数」をご記入の上、くるる即興劇団事務局「kururu.senior.impro@gmail.com」 宛にメールをお送りください。

〔チラシデザイン: 江戸川カエル〕

【くるる即興劇団】第5回公演の日程決定!

くるる即興劇団、

第5回公演の日程が決定しました!!

731日(月)10時30分開演 です!

会場はいつもと同様、柏地域医療連携センターにて。

朝早いですが我々はこの時間帯が一番元気です!!(笑)

 

チケット予約方法など、後ほどご案内します。

7月31日(月)午前中、

予定をあけておいていただけるととても嬉しいです。

〔背景フォト撮影:江戸川カエル〕

私にとってインプロとは何なのか?②インプロワークショップ初体験

引き続き、「私にとってインプロとは何なのか?」というテーマでブログを書いていきます。

(誰かに呼んでいただくためというよりは、自分の記録のために書いているところがあります。だらだらとすみません)

前回は、インプロといかに出会ったのかということについてふりかえりました。

今回は、実際にインプロのワークショップを初めて受けたときのことについて思い出してみようと思います。

 

前回のブログで、私がインプロのワークショップに初めて参加したのは2009年3月、と書きましたが、

実はそれより前にも参加している可能性が浮上してきました。

ですので実際にいつから始めたのかは曖昧、かつ、どの記憶が1回目のワークショップなのかも曖昧なまま書きます。

(当時使っていたスケジュール帳が出てきたらいいのですが、、大学3年生(2009年)の冬(たぶん1月か2月)というのは確かだと思います。)

 

はじめて行ったインプロワークショップをおこなう団体は、

いま私が所属させていただいている「即興実験学校」です。

当時は、池袋のコミュニティセンターのような公共施設の中の和室でワークショップがおこなわれていて、

トライアル、ベーシック、アドバンス(たぶんこの名称)というクラスに分かれていました。

開始時刻が(大学生真っ最中の私には)朝むちゃくちゃ早くて、横浜の丘の上から原付と電車を使って遠い池袋まで出かけていったのを覚えています。

最初トライアルに参加したのですが、そのワークショップにとても惹かれ、そのまま夜のクラスまでいさせてもらった記憶があります。

 

では、何に惹かれたのか。

 

キーワードとして挙げられるのが、つぎの3つです。

①怒られない

②supportive

③「理論」がある

 

 

当時、脚本演劇をやっていた私は、「エチュード」というかたちで即興をやることがありました。

しかし、「エチュード」は私にとって理不尽極まりないものでもありました。

演出家や、これから脚本を書こうとしている劇作家に、不明確な「基準」によって「評価」され、「吟味」される。

怖くて誰もアクションしないと思って自分が入っていったら、怒られたり酷評されたりする。

そして、入らなかった人がその難を免れる。

その結果、入った人は、「入らなければよかった」ということになる。

言葉を換えれば、それまでの私は、「がんばった人が損する」つらさを、即興演劇に対して持っていました。

(「本当の」エチュードがどのようなものなのかはわかりません)

 

インプロは、こうした点が大きく違いました。

 

インプロにおける演出家(ワークショップの場合はファシリテーター)は、

役者(参加者)を評価したり、「正しく」導くためにそこにいるのではない、

という感じを受けました。

 

 

また、インプロの演出家(ファシリテーター)や俳優(参加者)たちはとてもsupportiveで、

シーンやゲームのなかで困っていれば助けてくれました。

そういった意味でも、「がんばった人が損をする」という即興演劇に対するイメージは壊れていきました。

 

そして、うまくいかないことがあるときには、

なぜそうなるのか、ということが「理論的」に説明されました。

ゲームして楽しんで終わり、ではない深さをインプロに感じたのも続けるきっかけになりました。

 

以上、ざっくりですが言語化してみました。

 

余談ですが、

今、私は東京学芸大学で、演劇を学ぶ学生さんたちと質的研究法について学ぶ演習の授業を担当しています。

現在「インタビュー調査」について扱っており、私を実験台にインタビューして高齢者インプロ劇団「くるる即興劇団」に関するインタビュー記事を作成せよ、という課題に取り組んでもらっています。

その実験的インタビューが先日行われ、そのときにも改めてわかったことがあります。

それは、前述したように、インプロとの出会いは「教育と演劇の研究」というところでしたが、

実際インプロワークショップへの参加モチベーションはどちらかというと自分自身の演技の改善にあった、ということです。

修士課程に入ってからもインプロを続けますが、それは研究としてではなく、はたまた教育的実践活動としてでもなく、

インプロを研究対象として扱おうと思うようになったのは博士課程に入ってからです。

 

なぜ自分が、インプロを研究対象とせず、博士課程まで避けてきたのか。

この点については、また書こうと思います。

わたしにとってインプロとは何なのか?①インプロとの出会い

いつもお世話になっている野村真之介さんが「僕にとってインプロは何なのか?」というブログを書いていたので、私も真似して書いてみることにしました。

(現在執筆中の博論にも大いに関わっていて非常にタイムリーな話題でもありました。)

 

①インプロとの出会い

私が「インプロ」という言葉を知ったのは、大学3年生のとき(2008年度)です。

当時、私は大学院に行って研究者になるという夢を持っていました。

教育学部の小学校教員養成課程にいたので、単純に、「教育」と、関心のあった「演劇」とで、何か研究ができないかな?、というのが当時の私の思いでした。

そんなことから、この2つをキーワードに文献を漁ったりしていました。

 

そこで出会ったのが、渡部淳先生の『教育における演劇的知:21世紀の授業像と教師の役割』(柏書房、2001年)であり、

そこに参考文献として挙げられていた高尾隆先生の修士論文でした。

しかし、当時の私はこの修論を入手することができず

高尾先生の名前で検索をかけたところ出てきた『インプロ教育:即興演劇は創造性を育てるか?』(フィルムアート社、2006年)を注文し、

池袋でされているらしいインプロのワークショップなるものに申し込みました。

当時の記憶が定かではないので怪しいですが、おそらく本が届く前に先生がインプロのワークショップをされているということを知り、インプロが何かもよく知らない状態のまま、勢いでワークショップ参加を申し込んだのではないかと思います。

意外にも長くなりそうなので、次回、初インプロワークショップの記憶をたどってみようと思います。

三重大学教職大学院入学説明会のお知らせ

所属する三重大学教職大学院では

今年度、3回にわたり入学説明会を行います。

 

三重大学教職大学院の情報や学修生活の様子については、

ウェブサイトフェイスブックページでご紹介しております。

ぜひご覧ください。

 

2017年度 教職大学院入学説明会

 説明会では、本教職大学院の特徴、カリキュラム、実際の学修生活、入学者選抜の方法などについて説明するほか、担当教員が直接皆さんの質問にお答えいたします。なお、説明会の参加には、事前申込が必要です。

第1回 教職大学院説明会
日時 2017年5月20日(土)14:00~16:00
会場 三重大学 教育学部専門校舎1号館4階 大会議室
(※「第1回教職大学院説明会」は、「教育学研究科説明会」(13:00受付開始)の中で実施されます。
詳細は、研究科ホームページをご覧ください。)

第2回 教職大学院説明会
日時 2017年8月19日(土)14:00~16:00
会場 三重大学 教職支援センター2階 教職大学院レクチャールーム

第3回 教職大学院説明会
日時 2017年10月9日(月・祝)14:00~16:00
会場 三重大学 教職支援センター2階 教職大学院レクチャールーム

参加申込
①氏名、②所属、③参加希望日 を記入の上、下記メールアドレス宛に説明会当日の3日前までにお送りください。

info-mkd@edu.mie-u.ac.jp

*「平成30年度 学生募集要項」については、2017年7月1日配布開始を予定しています。

7/1ワークショップ研究会・第1回勉強会

昨年度、三重県内のいろいろなかたがたとともに立ち上げた「ワークショップ研究会」、

7月1日に第1回目の勉強会を行うことになりました。

今回はワークショップのデザインについて。

事前にプログラムを決める「構成型」と、その場でプログラムが決まっていく「非構成型」、

2つのワークショップ体験をもとに考えていく場となっております。

私は「非構成型」のワークショップを担当させていただきます。

申込もはじまっていますので、ぜひ!

ワークショップ研究会・第1回勉強会

「ワークショップ研究会」は演劇、まちづくり、アート、課題解決等ジャンルの垣根を越えワークショップ実践の現場をつなぎ、知を共有するため、2017年に発足しました。

研究会では今年度に2回の勉強会と1回のカンファレンスを計画しており、この度下記の通り第1回の勉強会を開催させていただきます。

【日時】7月1日(土)13:30ー16:30

【場所】津あけぼの座(〒514-0008 三重県津市上浜町3丁目51)

【内容】
ワークショップをデザイン、ファシリテートする際に、プログラム内容をあらかじめ決めて、そのデザインに従って実施する場合と、現場で参加者との相互作用によってプログラム内容を柔軟に組み立てていく場合があります。それをそれぞれ仮に「構成型」「非構成型」ワークショップと呼ぶとします。
今回の勉強会では「構成型」「非構成型」それぞれのワークショップを体験したあと振り返りのダイアログを行います。体験と内省を通してみなさんのワークショップのデザイン、現場でのファシリテーションのスキルアップに役立てていただける内容となっています。

【スケジュール】
13:30〜 構成型ワークショップ体験
45分間でブレインストーミングのルールと運営が学べるワークショップ」

ファシリテーター :池山敦(皇學館大学教育開発センター助教・ワークショップ研究会共同代表)

14:30〜 非構成型ワークショップ体験
「プログラムをその場でつくるインプロ(即興演劇)ワークショップ」

ファシリテーター:園部友里恵(三重大学教職大学院 特任講師・ワークショップ研究会副代表 )

15:30 ダイアログ
ファシリテーター:油田晃 (NPO法人パブォーミングアーツネットワークみえ 理事長・ワークショップ研究会共同代表)

【参加費】
①ワークショップ研究会会員:無料
(年会費¥6000で、当日ご入会いただけます。)
②一般(会員外):¥2000
③学生:¥1000

【参加申し込み】
以下のリンクからお願いします。
http://www.kokuchpro.com/…/077fcc751fe408d3935acc109d8e28cb/

*過去のイベントなど・・・https://www.facebook.com/workshopken/