しいの実シアター「サポート会」訪問

5月7日、しいの実シアターに行って参りました。

しいの実シアターは、八雲町・平原という地区にある、

客席数100席ほどの小さな劇場です。

 

今回は、通称「サポート会」というしいの実シアターを支える地域住民の皆様の月1回の定例会に参加してきました。

会の最後には、遅くまで皆様のお時間を頂戴し、お話もたくさん聞かせていただきました。本当にいつもありがとうございます!

 

 

今回伺ったのは、IDEA (International Drama/Theatre Education Association)という演劇教育・ドラマ教育の国際的な学会での発表の機会を得ることができたからです。

私は「劇場を支える地域の皆さん」をテーマに、しいの実シアターのことを発表しようと考えました。

 

しいの実シアターの特徴を1つ挙げよ、

と言われたら、私は次のように答えます。

「劇場サポートスタッフとして活動している地域の皆さんが輝いていること」。

もちろん、他にも他劇場にはない特徴がたくさんありますが、私のなかでの1番の特徴はこれです。

サポートスタッフの皆さんが劇場を輝かせ、また、劇場はサポートスタッフを輝かせる場として存在しているのではないかと感じています。

しいの実シアターは、演劇観賞に行くだけではもったいない劇場です。

行かれた際には、是非、サポートスタッフの皆様とのあたたかな出会いと交流を♪

20130508-153851.jpg