8/29日本教育学会での発表

8月29日、お茶の水女子大で開催された「日本教育学会」にて研究発表してきました。

タイトルは、「インプロワークショップを通じた後期高齢者の学習」。

柏市の豊四季台団地で続けている高齢者インプロ実践についての中間報告的な内容でした。

トップバッター朝9時からにもかかわらず、学部時代の指導教員・Y先生も来てくださりました。

研究についてお話するどころか、お会いすること自体もおそらく5年ぶりくらいだったと思います。

不思議なもので、たくさんの方の前で発表するより、指導教員1人の前で発表するほうがかなり緊張します。

また、フロアーには学部時代に授業をとっていたK先生のお姿も。

学部時代の講義(特に必修)ってあまり印象に残らないものが多いのですが、

今でも覚えていたり、レジュメやノートを残していたりする授業が4つあって、

そのうちの2つがK先生の授業です。

まさか自分が研究発表させていただく場にお越しいただくなんて思っていなかったので、とても嬉しかったです。

私も印象に残る必修の授業ができるようになりたいです。

そんなわけで今回の学会発表はかなり論文指導的な要素が強かったです。

今まで発表してきた学会の中で、今回が一番学びが多く、多くのアドバイスをいただきました。

引き続き研究がんばります。