組織論レビュー合宿

今週は、2つの研究会合宿に参加させていただいてきました。

1つ目は、組織論レビュー合宿。

組織論を学ぶこと自体初めてで、検討文献には見たこともない概念がたくさんならんでいて、まるで外国語を学んでいる感じでした。

まだまだ消化不足ですが、自分がこれからやろうとしている研究につながりそうなところもあり、とても良い経験をさせていただきました。

組織論の中身を学んだということに加えて、私にとって今回特に大きかったのが「レビュー論文」の書き方や構造が学べたこと。

実は今、ちょうど私もレビュー論文執筆にとりかかり始めたところでした。

また、今回の合宿で何より刺激を受けたのは、30代の方々のスゴさ。

むちゃくちゃ歳が離れているわけではないのでとても身近な存在である一方で、研究やお仕事という面では今の自分とは比べものにならないほどむちゃくちゃ進んだところにいらっしゃる感じがしました。

とてもきらきらして見えて、目指すべき憧れ的存在の研究者の方とたくさんお会いすることができました。

今回このような一緒に学ばせていただく貴重な機会をいただけたことをとても感謝しています。

10年後、ああいう存在になっていたいなぁ。