三重大学教職大学院、新設されました!

4月1日になりました。

三重大学大学院教育学研究科に「教職実践高度化専攻」(教職大学院)が新設され、

私もその教員の一人として、つとめさせていただくことになりました。

 

三重大学教職大学院には

現職教員を対象とした「学校経営力開発コース」と

学部新卒者等を対象とした「教育実践力開発コース」の2コースがあります。

 

前者のコースの定員のほうが多く、多くが30~40代の県内の優秀な先生方。

おそらく全員が私より年上で、現場経験も豊富です。

 

そんななか、「教員」として私には何ができるのか。

ここ1年間、ずっと考えつづけてきました。

現時点で、自信をもって言える自分の「うり」(?)は、次の2つかなと思います。

 

1つめは、インプロ実践を中心に、学校外での教育・学習についての知識や技術、経験です。

からだを使った学びや、誰かとかかわりながらの学び、そこにおける教師の支援、

学校外での多様な世代、多様な場所で、実践と研究をすすめてきました。

そうした、教育・学習というものを少しだけ幅広い視野から捉えてきた経験が、院生さんたちが学校現場や自身の教育実践を捉え直すときに何かお役にたてたらいいなと思っています。

 

2つめは、研究方法についての知識や技術、経験です。

私は年間のべ150~200人ほどの方にインタビュー調査にご協力いただきながら、研究を進めています。

インタビューの仕方や、インタビュアーとしてどういったことに気をつけているか、ということはお話することができますし、

そうしたインタビュアーとしての居方が教師の仕事といかに関わっているのかということを、院生さんたちとディスカッションするのが楽しみでもあります。

 

4月4日にガイダンス、7日に入学式で、2週目より授業も始まります。

私は広報を担当させていただいており、

三重大学教職大学院ホームページ三重大学教職大学院公式Facebookページを作成、運営しています。

教職大学院での学びの様子も随時ご紹介していければと考えておりますので、

ぜひチェックいただけますととても嬉しいです。

 

今年度もどうぞよろしくお願いいたします。