【くるる即興劇団】稽古(49)2017/12/05

今回のテーマは、

「静かなもの(人、職業、場所)」と「うるさいもの(人、職業、場所)」。

 

このテーマで1回試してみようと思ったきっかけは、「声の大きさ問題」。

昨今、「声をもっと大きくしたほうが良い」という意見がメンバーから出されるようになりました。

 

今回の「うるさいもの」「静かなもの」というのは

「声を大きく出す」ことに取り組もうとしたときのアプローチの2つではないかと思います。

 

「うるさいもの」、

例えばうるさい場所がテーマになったとき、大きな声を出さなければならない職業の役になったとき、

人の声は自然に大きくなるのではないか、ということ。

 

「静かなもの」、

声を大きく出すことが苦手であっても、そういう人だからこそ活きるテーマがあるのではないか、ということ。

 

今回の稽古では、そんな実験をしていきました。

 

いびき治療を試みたお父さんのシーン、爆笑。

 

暴走族に困って警察に電話するものの、1人では止め切れず諦めてしまうおまわりさん(笑)。

 

「展覧会」のシーンでは、静かな場所のなかで、「身体」に注目があつまります。

 

「森の中」。静かなところから始まるからこそ、その後に起こるドタバタな変化が生きてきます。

 

年末に帰省した姉妹たちのおせち料理をめぐるケンカのシーン。

「ケンカ」を舞台上でやることの難しさを実感(次回の課題へ)。

 

たくさんの課題がみつかりました。

課題があるということはとてもいいことだなと思います。

 

<稽古内容>

・体操、発声(服をテーマに)

・ブレスト(静かなもの、うるさいもの)

・フリーシーン(教会、森の中、喧嘩姉妹、暴走族、いびきのうるさいお父さん、展覧会)