【くるる即興劇団】稽古(47)2017/11/7

 

10月の2回目の稽古が台風で中止になってしまい、

久々の稽古、といった感じになりました。

 

 

引き続き今回も、「短いセリフを使う」がテーマ。

 

まずはウォーミングアップとして、日常の会話を短くしてみたり、

設定の中の役になって短く会話してみたり。

 

 

そして、お客さんからアイデアをもらう質問づくり。

 

質問に答えることよりも、質問をつくることのほうが、むずかしかったりします。

どんな質問だったら、お客さんは答えやすいか、今までに出なかったような新しいアイデアが出てくるか、

小グループでたくさん出し合いました。

 

 

そして、実際に司会者としてその質問をお客さんに投げかけてみます。

やってみるといろんなことがわかってきます。

 

 

さらに、実際に質問してお客さんにもらったアイデアをつかって、シーン。

 

 

司会者からの質問は、「昨日見た夢は何ですか?」。

ヨーちゃんは、家で寝ていたら窓からお相撲さんが入ってきてお金を盗まれた夢、を見たそうです。(笑)

その夢を実際に即興でやってみました。奇想天外。(笑)

 

 

こちらは、「何で死にましたか?」という質問から生まれたシーン。

5歳のときに交通事故で亡くなってしまい天国で暮らす女の子が、最近天国にやってきた人たちと井戸端会議をするシーン。

「死」というある意味重いテーマなのですが、ものすごく笑いにつつまれ印象的でした。

 

 

くるる即興劇団の今年12月は大忙しで、いくつかの外部イベントに出演します。

その練習でもある、今回の「質問づくり」。

引き続き練習していきたいと思っています。

 

 

終了後、『インナーテニス』の読書会も開催。

即興劇は、絵を描くことに似ているか、スポーツに似ているか、という議論がとても印象的でした。

再来週もたのしみです。

 

 

<稽古内容>

・体操

・発声(短く会話。きれいだった場所・汚かった場所、買ってよかったもの・よくなかったもの、本屋で辞書を買うシーン、ぶら下がり健康器を売るシーン)

・アイデア出し(お客さんにアイデアをもらうための質問づくり)

・フリーシーン(お客さんにアイデアをもらう練習も)

・秋の読書会『インナーテニス』2章(有志参加)

 

 

↓ おまけ写真。 ふりかえり中に撮影のカエルちゃんにちょっかいを出すおもちゃん。(笑)

【photo by 江戸川カエル】