【くるる即興劇団】稽古(44)2017/9/11

 

くるる即興劇団、この9月から拠点を「豊四季台近隣センター」に変えて

活動をスタートさせました!

バス停「向原住宅」からすぐの、とても便利なところにあります。

柏駅西口から、まっすぐ歩いて15分ほど。

 

稽古場が変わると、雰囲気も変わるかな、と思いきや、

硬くもならず和気あいあいと稽古が進んでいきました。

 

次回公演までのテーマは、「ストーリー」。

即興で物語を紡ぐ方法を、ふたたび0から考えていきます。

 

最初は、自己紹介。そして、「架空の人物」で自己紹介。

少しずつ、演劇の世界へ。

 

 

そして舞台をつかって、「椅子から立たせるゲーム」。

座っている人に声をかけ、椅子から立たせて上手(かみて)に一緒にいければ成功。

「アクセプト」(受け入れる)と「ブロック」(否定する)のシンプルなトレーニングです。

 

そして、重要なのは、相手を見ること。

事前に客席で考えてきたアイデアだけでなく、

袖に立って、共演者を見たときにひらめいたアイデアをつかまえる。

相手を見ていないと、アイデアは逃げていってしまいます。

 

 

そしておまけで、舞台上での「相手を引っ張る」シーンの練習。

本当に「引っ張って」しまうと、怪我のもとになってしまうので、

引っ張られる側が「引っ張られる演技」をすることが重要。

安全に「見せる」技術も、これからも習得していきたいです。

 

新しい拠点で、また気持ちも新たに、引き続きたのしんでいきます!

【photo by 江戸川カエル】

 

<稽古内容>

・会場の中を観察

・体操

・発声(自己紹介、架空の人物で自己紹介)

・椅子から立たせるゲーム

・ステージコンバット(相手を引っ張る)