【くるる即興劇団】稽古(42)6/30

本日の稽古は、福田寛之さんにお越しいただき、仮面をつかって。

仮面の稽古も今回で4回目となりました。

 

まずは、ウォーミングアップ。

目の前の人の動きをこっそりマネする。

小さな動きにも目を配ります。

 

そして、架空のボールまわし。

これも相手を見ないとできないゲーム。

 

そして、仮面。

こちらは雨乞いする祈祷師と、農民たちのシーン。

前回までの稽古でやった「動物」の動きも活用。

仮面をかぶって「ゾウ」の動きをすると、祈祷師に見えたところから。(笑)

 

こちらは悪い男を取り合う女たち。

シンプルな設定がとても映える、フルマスクのシーンです。

 

皆、仮面をつけることにも慣れてきて、色々なことができるようになりました。

今回新たなチャレンジだったのは、

仮面をつけていない人が、仮面をつけた役者を袖で見て、

そこにストーリーをつけたり、

自らもそこに入って演じることができたこと。

ストーリーテリングや、ディレクティングも、少しずつできるようになってきました。

 

7月31日の第5回公演でも、仮面をつかった即興劇をお見せできればと考えております。

 

教えてくださった福田さんありがとうございました!

 

<稽古内容>

・目の前の人の動きをこっそりマネする

・見えないボールまわし

・フルマスクのシーン(デパートの待合室で同級生との再会、祈祷師と農民、喫茶店で何度もコーヒーをこぼす客、悪い男を取り合う女たち、妊娠の疑いのある18歳女子高生3人、駅のホームで途方に暮れる旅人と地元の人、離婚裁判)