【くるる即興劇団】稽古(39)5/2

今回の稽古も、引き続き「フェイスマスク」に挑戦。

今日は、手本とする「顔」を自分たちでつくるところからはじめてみました。

グループで少しずつ線を足しながら、顔を完成させていきます。

(このときは、まさかここで書いた顔を実際に自分たちがやるはめになるとは皆気づいてません。笑)

そして、皆で書いた「顔」を、自分の顔でコピー。

その顔のまま、となりの人と会話してみます。

最後は、その顔をつかってシーン。

おなじみの、「子供の帰りを待つ家族」のシーンを、

いつもとは違った顔でやってみます。

顔を変えてみることによる、いろんな感情が生まれてきたり、いろんなキャラクターが生まれてきたりすることを、皆で目撃することができました。

 

4月から始めた、メンバーによる体操・発声ファシリテーションも

いい感じに進んでいます。

張り切って習ってきた体操をファシリテーションをするも、

がんばりすぎてつかれてしまったおもちゃんに皆爆笑。

次回公演は、7月31日(月)を予定しております。

ぜひ予定をあけておいてください!

 

<稽古内容>

・体操(メンバーによるファシリテーション)

・発声

・顔づくり(2つの点の手法で)

・顔のコピー、顔をコピーしたまま会話

・顔をコピーして「子供を待つ家族」のシーン