【くるる即興劇団】稽古(29)11/7

今回の稽古では、新しいゲームが生まれました!

トシちゃんが開発した「ストン」です。

img_6401

くるる即興劇団では、毎回稽古のはじめに体操や発声をやるのですが、

たまに取り入れている、両肩を持ち上げて下に落とすという動き。

その説明で、私が「ストンと落とします」と言ったら、

その後実際にやってみるとき、トシちゃんが実際に「ストン」と言いました。

皆爆笑。

 

じゃあ今度は皆で「ストン」と言うことになりました。

声出しも一緒にできてお得な気分。

そして、今度は全員で「ストン」を合わせて言ってみるという練習。

これがなかなかできません。

肩を上げたまま、皆誰かが最初に言うのを見合ってしまいます。

実際誰も言わなかったら皆息をとめて肩を上げているので大変。

誰かが「ス・・・」と言いださなくてはなりません。

インプロのシーンをつくるときにもこうしたことはよく起こります。

 

誰かが何かをやろうとしたらそれに乗っかってみる。

誰も何もやらなかったら自分がやる。

 

こうしたインプロのシンプルな考えを教えてくれるゲームになりました。

 

img_6400

 

ウォーミングアップの後は、バーバラに教えてもらったカード「DIXIT」を使ってストーリーテリング。

このカードはとてもおもしろくて、

きれいだけどどこか奇妙な絵が描かれています。

何が「正解」かよくわからない、というところがポイント。

カードに助けられながら、協力して皆で新たな物語をつくっていきます。

 

これがまた結構盛り上がりました。

熱中しすぎです。笑

img_6398

 

来年3月に開催する第4回公演でも

こうした「もの」を使ったストーリーテリングをパフォーマンスとしてお見せできればと思っています。

 

<稽古内容>

・体操・発声(ストン、隣の人と足踏みをあわせる、など)

・DIXIT(何が描かれているか/何でそうなったか/この後どうなるか)