カテゴリー別アーカイブ: news

近日の活動予定や勉強会等の情報

世田谷パブリックシアター:SPTワークショップラボ2016-17

今年度も世田谷パブリックシアターさんのレクチャー「SPTワークショップラボ2016-17」にて

演劇ワークショップに関する講座を担当させていただくことになりました。

今年は同シリーズとして3回の講座があり、

さまざまな角度から「演劇ワークショップ」をあらためて考えてみます。

お申し込み受付もはじまっているようです。

https://setagaya-pt.jp/workshop_lecture/20160717wslabo1617.html

皆様のご参加をお待ちしております。

 

以下、世田谷パブリックシアターのホームページより転載。

日程 『演劇ワークショップ再考』
Vol.1 何のための演劇ワークショップか?
2016/7/17(日)18:00~20:00
講師:園部 友里恵(三重大学特任講師)Vol.2 誰のための演劇ワークショップか?
2016/8/25(木)19:00~21:00
講師:飛田 勘文(清泉女子大学、桐朋学園芸術短期大学非常勤講師)

Vol.3 演劇ワークショップの活動と場の「質」について考える
2016/10/5(水)19:00~21:00
講師:花崎 攝(シアター・プラクティショナー/演劇デザインギルド)

場所 vol.1、vol.2
世田谷文化生活情報センターセミナールーム(三軒茶屋駅前キャロットタワー5階)vol.3
世田谷文化生活情報センターワークショップルーム(三軒茶屋駅前キャロットタワー4階)
内容 Vol.1 何のための演劇ワークショップか?
ワークショップという言葉は様々な場でみられるようになりました。しかしそれが何なのか、と問われれば、定義も曖昧で、実践の形態も様々です。しかし、曖昧であるからこそ、多様な広がりを見せてきたワークショップ。それは何を目指して生まれ、どのように広がり、そこに演劇や劇場はどのように関わってきたのでしょうか。 この講座では、ワークショップの歴史をふりかえり、そのルーツや多様化の背景を探るとともに、今日私たちが「ワークショップ」と呼ぶものは一体どのようなもので何のためにおこなわれているのか、をともに考えていきます。Vol.2 誰のための演劇ワークショップか?
現在、日本の演劇ワークショップは、幅広い分野で展開されています。多くの俳優、劇作家、演出家が様々な場所を訪問し、色々な人々と演劇ワークショップを実施しています。しかし、必要としている人々に演劇はきちんと届けられているのでしょうか?コミュニケーション教育、大震災、障害者、高齢化社会、多文化共生、マイノリティーといった時代のキーワードを追うことに翻弄され、誰に演劇ワークショップを届けるか、誰をエンパワーするのかが見落とされてはいないでしょうか?本講座では、日本と海外の演劇ワークショップの展開を比較しつつ、今後の日本の演劇ワークショップの発展に必要な視点や要素について検討していきます。

Vol.3演劇ワークショップの活動と場の「質」について考える
演劇ワークショップは参加型の演劇の一つのあり方です。参加型といっても、目的や期間などによって、そのあり方はさまざまです。本講座では、「応用演劇」の視点から、演劇ワークショップにおける「参加」に含まれている考え方とその意味、現場のあり方などについて考えます。そして、「参加」を促し可能にする現場の条件、留意すべきこと、目指す関係性等について、集まってくださった方たちと再考したいと思います。関連して、参加を保障する「安心/安全」が確保される場とはどういうことか、理論的な議論も参照しながら、実践的な現場のあり方を考えます。一部、からだを動かす活動も含みますので、動きやすい服装でお越しください。

講師プロフィール Vol.1 何のための演劇ワークショップか?
園部 友里恵(三重大学特任講師)
東京大学大学院教育学研究科修士課程修了、博士課程満期退学。東京大学大学院情報学環 特任研究員を経て、2016年4月より三重大学 特任講師。東京学芸大学・日本女子大学・中央大学では非常勤講師として演劇ワークショップに関する授業を担当。専門は、高齢者学習論、演劇教育、インプロ(即興演劇)。Vol.2 誰のための演劇ワークショップか?
飛田 勘文(清泉女子大学、桐朋学園芸術短期大学非常勤講師)
清泉女子大学、桐朋学園芸術短期大学非常勤講師。2004〜15年、児童青少年演劇、ユースシアター、演劇教育の専門知識・技術を修得する目的で渡英。英国ウォーリック大学にて博士学位(芸術教育学)を取得。帰国後は障害児を対象とした参加型演劇の演出を手がけたり、演劇を導入した日本語・英語教育、異文化間教育、開発教育の教材の開発に協力したりしている。米国ニューヨーク大学紀要『ArtsPraxis』編集委員。英国ローズブルフォード・カレッジ児童青少年演劇センター顧問。アシテジ〈国際児童青少年舞台芸術協会〉国際センター「ネクスト・ジェネレーション」理事。

Vol.3演劇ワークショップの活動と場の「質」について考える
花崎 攝(シアター・プラクティショナー/演劇デザインギルド)
シアター・プラクティショナー、野口体操講師。応用演劇の実践を中心に国内外で活動。主な仕事に水俣病公式確認50年事業、創作劇「水俣ば生きて」構成演出(2006)、インドネシア(アチェ)で紛争後の和解と再生にむけた青少年の演劇ワークショップ(2007~2010)企画進行。障害のある人たちとの演劇グループ「みなせた」(2008~)。フィリピンで環境演劇活動、および世田谷パブリックシアター主催「地域の物語」の企画進行を担当中。ロンドン大学芸術学修士。企業組合演劇デザインギルド専務理事。武蔵野美術大学、日本大学芸術学部、青山学院大学非常勤講師。

参加費 各回1,000円
※各回受付時に精算いただきます。
定員 各回30名程度
※先着順に受付。定員に達し次第、終了いたします。
申込み方法 申込みフォームか、または劇場(03-5432-1526)までお申込みください。
お問合せ 世田谷パブリックシアター学芸 03-5432-1526
申込時のお願い事項 お申込みいただいた時点で、以下の項目に同意くださったものといたします。ご確認ください。
◆お申込み時にお預かりした個人情報は(公財)せたがや文化財団個人情報保護規定により管理いたします。
◆WS・レクチャー中に取材・撮影が入る場合や、非営利目的の広報物・出版物等の使用を目的にスタッフが写真・動画の撮影をする場合があります。
◆WS・レクチャー中の写真・動画の撮影および録音はご遠慮ください。
◆お申込み時の必要事項は正確にご記入ください。
◆WS・レクチャー中にけがをされた際、主催者側に過失のある場合は加入している保険の範囲内で補償します。
◆WS・レクチャー中に他の参加者への迷惑行為などがあった場合はご退出いただく場合があります。
備考 [主催] 公益財団法人せたがや文化財団/公益社団法人国際演劇協会日本センター
[企画] 世田谷パブリックシアター/公益社団法人国際演劇協会日本センター
[協賛] 東レ株式会社

ワークショップフェス2016

wsfes2016

7月2日(土)、

今年で4年目となる「ワークショップフェス2016」が東京学芸大学で開催されます。

若手ファシリテーターによる多様なワークショップをたくさん受けることができます。

 

学芸大で担当させていただいている授業「応用演劇実践演習A」からも3つのワークショップを出します。

今年度の授業では、「高齢者×演劇」をテーマに様々な演習を行っています。

 

今回のワークショップのテーマは、

① 座ったままできる演劇ワークショップ

② ことばを使わない演劇ワークショップ

③ 感情に関する演劇ワークショップ

④ 「高齢者」という存在が出てくる演劇ワークショップ

のなかから選択し、企画してもらうことに。

 

できあがったワークショップ、ぜひ「くるる即興劇団」でもお願いしたいです。

 

ワークショップフェス2016の詳細はこちらへ。

申し込み受付中のようです!

 

【 Workshop Fes 2016 】

○日時:
2016/7/2(土) 10:00~17:00(受付開始9:30)

○場所:
東京学芸大学S棟(講義棟)4階 教室にて

○参加費:
無料

○ お申込み:
受付期間は 6/1(水)~6/25(土) です。
以下のURLより、お申込み・お問い合わせいただけます。
皆様のご参加、心よりお待ちしております。

ワークショップ・フェスお問い合わせ

○注意事項:
当日は動きやすい服装でお越しください。
ワークショップの様子を写真や映像で記録させていただく予定です。
写真記録はブログなどで実践報告として掲載する場合があります。
あらかじめご了承くださいませ。

ワラインプロ

 
 お笑い芸人さんによるインプロの舞台「ワラインプロ」の照明をさせていただいています。

初めてやらせていただいたのが昨年の6月、

そして8月以降毎月やらせていただいているので、

もう少しで1年になります。
ワラインプロを通していろんな芸人さんにお会いし、

芸人さんたちの舞台への向き合い方やインプロへのとりくみ方など、

いろんな角度から学ばせていただいています。

そして新年度1発目のワラインプロは今週末!
今回は大きめの劇場、新宿バティオス。

バティオスは照明の色が混ぜられるのでまた色々ためしてみようと思います!

■お笑い芸人によるインプロ(即興)コントライブ 『ワラインプロ21』

【日にち】2016/4/2(土)

【時間】開場18:45/開演19:00

【会場】新宿劇場バティオス(JR新宿駅東口徒歩7分、西武新宿駅北口1分)

【住所】新宿区歌舞伎町2-45-4

【料金】前売¥1700-/当日¥2000-

★メールにてご予約受付中!

ご予約は『お名前・ライブ名・枚数』をお書きの上、 info@kpro-web.comへメールを送信下さい。

※ご予約確認メールを返信し完了となります。3日経っても返信がない場合はお問合せ下さい。

【出演】かもめんたる槙尾/ライス関町/ザ・ギース高佐/ ロビンソンズ北澤/せとたけお/みほ/冷蔵庫マン

【進行・音楽】モクレン

1/16千葉市男女共同参画センター自主事業「対話力を磨く演劇ワークショップ」

来年1月16日、

千葉市男女共同参画センターさん主催の「対話力を磨く演劇ワークショップ」で講師をつとめさせていただくことになりました。

会場は千葉寺のハーモニープラザ。

2010年から社協さん主催の介護指導者養成研修で通っていた場所でもあります。

当日は託児サービスもあるようです。

 

ホームページを拝見すると、

千葉市男女共同参画センターさんでは

いろんなおもしろそうな講座をされているみたいです。

お近くの方はぜひ!

【WS & Show】12/26 インプロバイズド・ファンタジー

2015年最後のインプロ公演&ワークショップとなる、

「インプロバイズド・ファンタジー」が来週末となりました!

 

12月26日(土)、東中野のバニラスタジオにて。

 

13時からの公演には、

約1年間にわたりフックさんと開催してきた「ストーリーテリングのためのインプロ」ワークショップ参加メンバーを迎え、ファンタジーの世界を即興でつくりあげます。

公演の後には ワークショップもあります。

ワークショップの後には ちいさな忘年会もあります。

みなさまお誘いあわせの上ぜひお越しください!

fanta

【開催日】

2015年12月26日(土)

【会場】

バニラスタジオ(東京都中野区東中野1-14-27)
※JR「東中野駅」徒歩5分、丸の内線「中野坂上駅」徒歩8分
http://vanilla-studio.net/0_map.html

【公演・ワークショップ詳細】
「インプロバイズド・ファンタジー」公演
時間:13:00~14:30 
出演:飯田正人(SAL-MANE)、清野りお(即興実験学校)
   小島啓寿(Asobiba)、中垣勝、園部友里恵(即興実験学校)
   福田寛之(ブリコラージュ研究所・即興実験学校)
「ストーリーテリングのためのインプロ」ワークショップ
時間:15:00~17:40
講師:福田寛之 園部友里恵
※公演、ワークショップともに開場は開演・開始の20分前です。

【料金】
「インプロバイズド・ファンタジー」公演
1500円(全席自由)
「ストーリーテリングのためのインプロ」ワークショップ 
2000円(定員20名程度)
※公演+ワークショップ両方参加
2500円(1000円割引)

【予約・問い合わせ】
http://bricolage-rl.com/contact/
※上記リンクの問い合わせフォームからお願いいたします。
※予約の方は、お名前、参加希望プログラム名をお書き下さい。確認後、予約完了メールを返信致します。

 

【くるる即興劇団】11/2 第1回公演のお知らせ

くるる即興劇団 第1回公演のお知らせ

くるる即興劇団とは、千葉県柏市の生涯学習セミナー「豊四季台くるるセミナー」(主催:東京大学高齢社会総合研究機構、共催:柏市・柏市社会福祉協議会)における講座「即興劇で学ぶコミュニケーション」の受講者有志により2015年7月に結成された、日本初の高齢者インプロパフォーマンス集団です。

柏市在住の65歳から88歳までの約20名の劇団員が、自らパフォーマーとして舞台に立ち、インプロのおもしろさ・深さと、高齢者にしかできない即興表現を追究することを目的に活動しています。

来たる11月2日(月)、旗揚げ公演を行うことになりました。

皆様お誘いあわせの上、ぜひ観劇にお越しください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「くるる即興劇団 第1回公演」

日時
2015年11月2日(月)10:30開演
(※開場は開演の20分前です。上演時間は1時間を予定しております。)

会場
柏地域医療連携センター 1階 研修室
(千葉県柏市豊四季台1-1-118)

料金
無料

チケットご予約
「お名前」と「チケット枚数」をご記入の上、
kururu.senior.impro@gmail.com 宛にメールをお送りください。

主催
東京大学高齢社会総合研究機構

共催
柏市、柏市社会福祉協議会

表ed04-c(red)ラスタライズa

裏ed05-min〔Designed by 江戸川カエル〕

【講座のお知らせ】10/23精神保健ボランティア講座

10/23、柏市社会福祉協議会さん主催の「精神保健ボランティア講座」の講師をつとめさせていただくことになりました。
テーマは「傾聴」。

聴くこと、対話することとインプロの関係を考えています。
先日のラーニングフルエイジング研究会でご講演いただいた駒澤大学の荒井浩道先生が、「オープン・ダイアローグ」のことを教えてくださいました。

オープン・ダイアローグ、インプロの視点から文献を読んでみたいと思っています。

【ワークショップのお知らせ】ファンタジー×インプロSP

今年3月からフックさんと開催を継続している「ストーリーテリングのためのインプロ」、

なんと10月はスペシャル版でお送りします。

ゲストは、私が尊敬するギリシャ悲劇研究者・実践家の佐藤二葉さん!

このお方、まじですごいです。

即興実験学校の定期公演で「インプロヴァイズド・ギリシャ悲劇」を上演した際のドラマトゥルクさんでもあり、

そして、ギリシャ悲劇のみならず、ファンタジーにもかなり詳しいという、まじですごいお方です。

ワークショップは10月17日(土)開催!

打ち合わせの時点でかなりおもしろかったので、ご参加、非常におすすめします。

少人数で、二葉さんからファンタジーをじっくり学べる貴重な機会です。

インプロ初めての方、ファンタジーよく知らない方、大歓迎です。

ぜひお越しください。♪

 

ストーリーテリングのためのインプロ ファンタジー×インプロSP

講師:福田寛之 園部友里恵
ゲスト講師:佐藤二葉
東京都新宿区三栄町27-1 永田ビルB1F
(JR四ツ谷駅四ツ谷口/丸の内線四谷三丁目駅4番出口徒歩10分)
日時:10月17日(土)13:00~16:30
※今回はいつもより長時間となっております。
料金:2500円
定員:10名程度

【ワークショップのお知らせ】11月@南大塚地域文化創造館

11月、南大塚地域文化創造館さんでインプロの連続講座をさせていただくことになりました。

受講者で一緒に舞台に立つ機会も! 客席数は267席とのこと。

とても楽しみです。

下記詳細です。ご参加をお待ちしております。♪

 

平成27年度南大塚地域文化創造館文化カレッジ
演劇挑戦!(13)インプロ(即興演劇)に挑戦―台本なしの自由な舞台―
演技の経験、一切不要!アイディアを出し、受け入れ合って、展開させていく。ゲームを取り入れながら、即興演劇の基礎からコミュニケーション能力の向上までを目指します。講座内で発表会を行い、有志の方は来年2月6・7日に開催される「みなみおおつか演劇発表会」にも参加します。
 ・
日程:11月1・8・15・29(日曜)全4回
時間:午後2時~4時
対象:中学生以上の方(豊島区外の方もOK!)
定員:20名
費用:2,000円
 ・
各回メイン講師
第1回 11月1日
高尾隆氏(東京学芸大学芸術・スポーツ科学系音楽・演劇講座演劇分野准教授)
第2回 11月8日
野村真之介氏(お笑い芸人)
第3回 11月15日
園部友里恵氏(東京大学大学院情報学環特任研究員)
第4回 11月29日
清野里央氏(即興実験学校インプロバイザー)
 ・
申込方法:
往復はがきに講座名、氏名、年齢、住所、電話番号をご記入の上、申込先へ郵送。または返信用はがきご持参で、各地域文化創造館窓口でも申し込み可。
申込締切:
9月28日(月曜)必着
 ・
お問い合わせ・お申し込み
南大塚地域文化創造館
〒170-0005南大塚2-36-1
電話:03-3946-4301
FAX:03-3946-4303
URL:http://www.toshima-mirai.jp/
Twitter:@ootuka0403